匠の仕事場拝見 vol.3
加賀友禅を支える職人たちをご紹介します

染色補正職人 前川 真次 氏

   金沢市在住
  1949年 金沢市生まれ
 1965年 中学卒業後 定時制高校に通いながら 
       日中は繊維問屋に勤める   
         その時初めて 染色補正職人の存在を知る
 1969年 高校卒業と同時に補正職人 安澤恒男 氏
       の下で教えを請う
           その後 独立



《染色補正》とは ・・・
着物が製造される工程でできる 染料の
はみだしやシミなどを除去し より完成度の高い製品に
仕上げる作業ですし 着終わった着物の汚れ落しや
ほつれ直しなども 補正職人の仕事です
また 単に“汚れを落とす”ことだけでなく お客様に年数を経ても 製品の品質や美しさを保証するお手伝いをさせていただく仕事でもあります


その技術の良し悪しで 製品の印象が大きく変わると同時に アフターケアなども 汚れや傷みの見極めとその対処を見誤らない確かな技術が求められます

前川氏が 両親の大反対にあいながらも 勤めていた会社を辞めて この仕事に就ついたのは 『染抜き・補正』という仕事が 着物を大切にしていく上で絶対必要でかつ重要な仕事だと気がつき魅力を覚えたからだそうです 

この仕事に必要な気質は 根気と誠実さ その上 環境の変化による補正技術の向上心だと思います 
それらを兼ね備えた前川氏の存在は 松村にとって心強い相談役です

.